住宅購入ローン金利を選ぶときは|本日できるキャッシング

住宅ローンの注意点

住宅購入をする人の大半が、住宅ローンを利用しているようです。住宅ローンは豊富な種類がありますが、どんな選び方をすればいいものなのでしょうか。まず重視したいものは金利です。住宅購入のためにローンを利用する時には、できるだけ金利が低いところから借りたいと考える人も多いことでしょう。完済前に金利の見直しがあるタイプの住宅ローンは、最初が低金利だからいいというわけにはいきません。金利の低い住宅ローンは住宅購入資金を同じ返済額でたくさん借り入れることができます。多くが変動型や固定期間選択型など返済中に金利が変わるタイプです。住宅購入をしたときよりも金利が上がった場合、返済額も増えてしまいます。変動型金利では、金利は半年ごとに見直され、返済額は5年に一度見直されます。前回の1.25倍までという制約はありますが、返済額増額の可能性があります。変動金利型で住宅ローンを使える人は、収入アップが期待できる人や、教育費などの負担がこれから先減ることがわかっている人などです。一方、全期間固定型の金利のように、住宅購入時の金利設定は高めでも、以後金利が変わらないというものもあります。将来的な金利の変動要素がないので、長期にわたって返済の計画をつくれます。返済額が一定なので住宅購入後の将来プランも立てやすく、子どもの教育資金の貯蓄などに集中できます。住宅購入でローンを組む場合には自分の将来のプランなどを考慮しながら選択するようにしましょう。

 

本日中にキャッシングできる先をお探しの方もいらっしゃるかもしれません。
複数社に借り入れがあると住宅ローンも通らない可能性がありますので借りすぎには気を付けましょう。

 

>>キャッシング【本日中に借りられる消費者金融】スピード審査に戻る

住宅ローンの金利は?